ボーっとする時=広告の適時!脳の自動モード【ブランディングとは 個人編】②

ボーっとする時=広告の適時!脳の自動モード【ブランディングとは 個人編】②

既存のマーケティングが間違っている理由は?私たちが広告に影響される時は意識の状態、それとも無意識?頭が働かない時は脳の自動モードで脳の負担が減る。個人ビジネスでもブランディングをする必要がある。なぜなら消費者がマーケティングに露出される時は自動モードだから。しかし自動モードをターゲットにするマーケティング戦略はなぜないのか?

  1. 脳トレをする時とぼーっとする時、エネルギー消費は4倍差
  2. 脳の自動モードがある3つの理由
  3. ブランディングにおいて自動モードは必須要素
  4. ブランディング会社は自動モードをターゲットにする必要がある
  5. マーケティング会社、ブランディング会社にアウトソーシングしない方がいい!
  6. ブランド演出

脳トレをする時とぼーっとする時、エネルギー消費は4倍差

多様なブランドのコーヒーを与えながら、好きなブランドを自由に選べという実験がある。 
被験者の決定によって脳内に起こる変化を観察できるように全体実験過程は脳のスキャナー装置の下で行われた。
被験者が好きな製品を選ぶ間、コンピュータの映像には大脳が”オフモード”で遮断されていることが分かった。
これをどう説明すべきか。 我々の意識はエネルギーをたくさん消耗する。
したがって、脳は無意識な自動装置を作動させるほうを好む。


脳の自動モードがある3つの理由

脳が意識に情報を提供しようとしない理由は何だろうか。 ここに三つの理由がある。

1.情報が意識を経ずに行動に転換されれば、反応ははるかに早くなる。

これはとくに危険な状況で役立つ。 原始時代に虎を目の前で見つけた時、この対象の正体が何なのか、意識的に見抜こうとした人は恐らく期待寿命が短かったはずだ。その後裔は現代では極めて少ないだろう。

2.蓄積された経験はすでに証明された解決策を含めている。

検証された解決策があるので、長く悩む必要はない。
これは多くの心理学実験でも表れている。 感情的な優先度合いによる判断が、再認識の過程を経た判断よりはるかに早い。

3.意識は大変、多額の費用が費やされる。

意識の費用はエネルギーだ。 私たちが脳トレーニングする時や、熟慮する時、脳は、全体エネルギーの20%!! を消費する。
ところで脳が意識をちょっと消しておいて自動モードで作動すれば、すなわちぼーっとする時、脳のエネルギー消費量は5%に減る。

エネルギーを大幅に消耗する脳は同じ量の筋肉の塊より22倍も多くのエネルギーを必要とする! では、エネルギーを減らすことがなぜ重要なのか?

進化の法則にムダにエネルギーを浪費しない生物体は、節約したエネルギーを利用できるためだ。 安全な場所を探せるし、危険な狩りを遅らせることもできる。


ブランディングにおいて自動モードは必須要素

ブランド認知度は自動購入ボタンだ。
認知度は信頼度を上昇させ、均衡システムを刺激する。 しかし、より重要なのは私たちの脳の中で認知度の高いブランドの製品と自動モードの関係だ。
自動モードのとき、私たちはブランド製品を深く考えずに選ぶ。
脳の自動モード(エネルギー節電モード)は1994年、米国の神経生物学者マーカス·ライクルによって初めて証明された。
彼は被験者の脳をスキャンできる脳スキャン装置を活用した。 被験者に馴染みのある単語と初めて見る単語を提示した。 よく知られた単語の場合、脳の新皮質の活動を減少した反面、よく知らない単語は逆にその活動が増加した。
さらに驚くべきことは、新皮質が自動モードに切り替えられたが、よく知っている単語をより長く記憶したという点だ。
ペテケーニング研究チームも似たような研究を進めた。 被験者たちに人気ブランドのコーヒーと、知らないコーヒーブランドを見せた。 よく知られているコーヒーブランドを認識する際、被験者の脳は自動モードに切り替えられた。
人間は無意識のうちにエネルギーを消耗しない戦略を選ぶ。今は複雑な世界だ。スーパーでコーヒーを選ぶ時、知らないブランドを買ってバランスシステムの疑問攻撃を受けるか?それとも詳しいブランドを疑いなく簡単に買うか?


ブランディング戦略は自動モードをターゲットにするべき

ブランドを認知する時、私たちの脳は自動モードになりがちだ。
コーラ戦争で勉強する神経マーケティング基礎ーブランディングとは?参考

購買決定を下す時、何の葛藤も問題が起きない時、脳は自動的にもう少し慣れて普段好感を持っていたブランドを選択する。

つまり強力な神経ネットワークが形成されているブランドを選択する。

それでは強力なブランドネットワークはどのように構築されるのだろうか? 同一のブランドメッセージを持続的に繰り返す過程を通じて生成される。

成功を収めたブランドは、自己類似性を持っている。 すなわち、我々の意識の中に定着したブランドイメージが数十年以上もほとんど同一に残っていることを意味する。

生産施設と建物は代替可能だが、顧客の頭の中にある強力なブランドは、何物にも代えられない。 このような理由で、成功的なブランド経営は経営者の役割だ。


マーケティング会社、ブランディング会社に依頼するよりは

ブランドに対する責任はマーケティング会社に委任することはできない。
なぜなら、真のブランド経営は企業の意識の中で始まるからだ。

人々は広告制作会社に大金をかけて制作した画面や写真を見て喜ぶ。

しかし、このような形の千篇一律のブランド政策には高価な対価が伴う。 ブランドに内在しなければならない魂、独創性、緊張、個性が破壊されるためだ。

したがって、皆さんもこのブログのコラムの高級情報を利用して、自らの力でホームページを制作してほしい。 ホームページの制作を任せるとしても、単なる文字とイメージを配置する会社は多い。価値を伝え、無意識をターゲットにするマーケティング戦略を理解する会社に任せることを勧める。

ブランド固有の物語を作り、個性的な演出をしなければならない。 このようなスタイルの”ブランド演出”は決して容易ではない。 同じ価値を共有する人々を迎え入れ、包装紙を新しく印刷し、インターネットサイトを企業の価値と結びつけなければならないためだ。


ブランドの演出とは、ブランドの非常に細かいディテールと信号を一つ一つ気を使わなければならないということを意味する。

ここで注意すべき点は、意識すらしていないさまざまな些細な信号が、購買態度に強力な影響を及ぼすことだ。 これを管理するマーケティング手法を 
Cue management(シグナル管理)と呼ぶ。