王道X 効率O ブログ 題材 作り方 おすすめ 【ライティング】①

王道X 効率O ブログ 題材 作り方 おすすめ 【ライティング】①

【ブログの書き方すべてまとめ】あなたは消費者なのか?それとも生産者? 特に生産者の観点を持つ人はほぼいない。生産者=お金持ちではないが、影響力=生産者だ!売れるブログやキャッチコピーを作る一番早い方法を紹介する。一般人には難しい内容。だけど生産者の観点を持つとあなたの1年後は必ず変わる。

大体の人は死ぬまで消費者

精神的生産はすべて思考のアウトプットだ。 我々は世の中の観察者であり参加者だ。最近になって個人は観察者になりやすい。 ブログ、YouTube、TV、広告が溢れている。

我々は情報を受け取るだけだ。 知識と情報を自分のものとして吸収する時間が足りない。インプットだけで、アウトプットはしない。 自分の意見を論理的に展開し、文章を書く実力はこれからもっと重要になるだろう。

精神的生産はすべて”ライティング”が根本であるからだ。 世の中に自分の考えと主張を生む過程がライティング。

学者たちは、現代社会の情報不均衡が深刻だと主張する。 同様にYOUTUBERと視聴者の不均衡も深刻だ。

精神的生産者は生産し続け、消費者は消費のみをする。 このような不均衡は社会を二つの階級に分ける。つまり、文章力のある生産者側は20世紀の新聞やニュースのような役割を担う。社会の先端に立っているリーダーであり権力者だ。

それでは、文を上手に書くということはどういう意味か? 良質な情報を伝えるのか? 誰でも理解できるように、簡単に文章を書くのか?

価値のある情報を分かりやすく書くのは当然だ。

そしてこれがライティングの王道だ。当然だから難しい。

ブログ 題材 書き方=ライティングの始まり

文は自分の考えを整理することだ。 そのため、良い文章を書くためには、たくさん読んでたくさん書かなければならない。

整理された脳から良い文が出るので、スキルだけでは良い文は書けない。

自分の考えを文で表現するため、必ず経験が重要だ。 それでは、文章を書く最も良い手段は何だろうか? Blogである。

ブログは一般人がいつでも簡単に投稿できる、生産者にとって最も有用なツールだ。初心者も簡単に運営できるのはもちろん、運営費用もやすい。一番のメリットは自分の投稿を見る人が増えたり、収入が発生することでモチベーションをもらえることだ。
100個以上のデモデザインから詳しく調べる。

しかしブログのネタとジャンルと書き方を知らないと?
一番おすすめするブログの始め方は【吸収】だ。
現代よりインプットが多い時代はない。 あなたの1日の情報のうち覚えておくべき情報をブログに載せなさい。講義や名言でもいい。

その日、インプットした知識を脳が自ら整理するようになる。 記憶も長持ちし、知識を体化することができる。

そして、最もいい長所は外部知識を簡単に長期知識に変えることができるという点。 個人がよいインスピレーションで新しい知識を生み出すのは至難の業である。

ライティングの王道を強調する理由は結局これが最終目標だからだ。キャッチコピー作り方のコツを教えてもあなたには何の発展もない。

ブログライティングの王道は【パンを焼く】こと

現代社会はインプットとアウトプットが多い。 新しい知識(インプット)をすぐに体化し、再び大衆にアウトプットすることが最も重要なスキルだ。

私たちは「数学の関数」になる必要がある。

私はこれを【パンを焼く】過程と同じだと表現する。

小麦粉のような知識は誰もが手に入れることができる。 誰も食べようとしない。 そして散らばりやすい。

しかし、自分の経験と考え方で固く焼いた知識はおいしい(YOUTUBEやテレビトークショー)。

客観的情報が個人のストーリーと合わさって興味深い。

あなたに今日からすぐパンを焼くように勧める最も重要な2つの理由がある。
パンを焼くほどスキルは驚くほどよくなる。 そして、パンを焼く自分が小麦粉を長く保管することができる。

したがって、今日集めた小麦粉の中から良いものを選びなさい。 そしてブログにパンを焼いてみたら驚くほどその知識は長く保管できる。

もし一日中どうしてもブログに書くようないいものがない場合は普段勉強したかったものを始めるチャンスだ。本を検索してあなたに役立つすべての情報を習得せよ。マーケティング、心理学、集客力を上げるコツ、ブログのSEO、何でもいい。大事な情報をブログで共有することで、あなたは知識の貢献もできる。

ではキャッチコピーを作る一番早い方法は?

それでは、これまでの文章を要約してみよう。 今の時代はインプットが多い。アウトプットをする人は少ない。

良い文章を書く王道のライティングは多くの経験(パンを焼く)が必要。

良い文は良質の情報を簡単に伝えることだ。

だが一つが抜けた。 王道ではない方法。 これは経験よりはセンスが大事だ。

いい文は読者の興味をひくことができる文だ。空腹な人はパンをおいしく食べる。 そして、あなたにパンがとても美味しいと言う。

しかし、パンは同じパンだ。 ただお腹すいた人が食べただけ。

二つの選択肢がある。あなたはパンをおいしく焼いたり、お腹をすかせたりしなければならない。美味しく焼く=王道

パンを美味しく焼くのは経験が必要だ。しかしお腹をすかせるのは簡単に学べる。 人々を誘惑する文章を研究してみればいい。

では、どのような文章が人々を誘惑するのか? 都市伝説や恐怖の話、諺、寓話は、まるで生命でもあるかのように絶えず生き残る。

ことわざは3000年が過ぎた今も生きている。 まだ西洋ではマクドナルドがミミズの肉を使っていると信じている人がいる。

マクドナルドはこれをどうやって克服したのだろうかについては後で明かす。(こういうのが簡単な興味誘導だ。)

王道ではないが効率的なブログとキャッチコピー

情報を伝える際には、受け手が関心を持たなければならない。 興味によって情報の伝達量が変わるためだ。

したがって、良い情報を簡単に伝えながら、興味を引くことが大事。

それが文章をうまく書く方法だ。
ブログの投稿も、企業のマーケティングも、広告キャッチコピーも全部誘惑の領域である。

文には作家と読者がいる。 だから客観的になれない。

同じ情報を伝えるとしても、興味を引く文章は読者が集中して読む。 30パーセントを理解する人も関心が高ければ70パーセントを理解する。

だからこそ自分の文を読む読者層を考慮しなければならない。 読者の知能、関心、趣味などを意識しながら書く。
同じくグーグルでよく検索されるようにSEOの勉強も必須要素。

読者層を把握することができない時や、すべての人が読者である文が一番難しい。

大統領や首相の演説は、簡単な文章で書かなければならない。 全国民が理解できるように。 それゆえ最も難しい。 広告の文句も難しい。

広告だと分かっているから疑いながら読む。 広告は人々を誘惑するためなのに疑われるなんて!(典型的な広告から離れて、ストーリー形式の広告が売れる理由。)

広告、キャッチコピーに比べて、ブログのタイトルの決め方や投稿は疑われない。

ブログとキャッチコピー集客のNO.1コツ=ターゲットセグメンテーション

学生時代に授業のうまい先生がいたはずだ。 授業が上手な先生は質問をよく投げかける人だ。 そして学生達の興味をよく知っている。

読者を考えて書くこと。会社のキャッチコピーの作り方はターゲティングがすべてだ。 キャチコピーをする前にSEO(検索エンジン)や連関検索を利用するのは大前提である。

このサイトは無料で簡単にキーワードを分析できる。ブログやキャッチコピーのターゲットを決めて、それに応じて核心キーワードを配置しよう。

文を書くのは難しい。 だが相手を分析しないと絶対いいキャッチコピーは作れない。

相手を分析したブログやキャッチコピーは3倍効果的。
①相手側が気になるキーワードを配置して「お腹を空かせる」
②曖昧なキーワードはもちろん色んな読者層が入る。その分自分が探していた内容がない可能性が高い。すぐサイトから出る➡ホームページのレベルの低下
③キーワードと内容に一貫性がある為、入った人は他の投稿も見る。滞在が長くなる➡ホームページLEVEL UP!

ターゲットを分析する最強のツールがある。
ドイツの心理学者と脳科学者が集まって作ったLIMBICシステムだ。

30代女性向けのキャッチコピーなら【ケアー、介護、出産モード】が一番強い時期だ。

あなたが車販売の営業職なら30代の女性にエンジンと外見をアピールするのは賢明な判断ではない。

男の70%は商品の機能を見て購入する。しかし!
女性の60%が販売する社員や店内の雰囲気を見て判断する。

あなたが会社のキャッチコピーを作る人なら作り方を探す前に心理学を勉強した方がいい。いい文章はすぐ学べるもんじゃないから。

心理学や脳の3つの領域(支配、バランス、刺激)についてはこのブログにたくさんある。ちなみにさき30代女性の【ケアー、介護モード】はバランスシステムに入る。

売れるキャッチコピーの6つの共通点

売れる会社のキャッチコピーは

①ライティングスキル (今の投稿)
②誘惑(心理学) 
③ターゲティング分析(神経情報学) 
④キャッチコピー名作を分析(共通点を見極める) 

この四つがすべて必要だ。もちろん難しい。

この中ですぐ学べるのが誘惑とターゲティングだ。

しかし一番大事なのはもちろんライティング。

このブログの常連ならご存知だろうが6つの共通点についても簡単に紹介する。

マクドナルドの肉がミミズだということが広まった理由は何だろうか。

無惨で(意外性)、マクドナルドの材料はもともと信頼性が高くなかった(信頼性)。 そしてあなたの生活にマクドナルドはとても近い(具体性)。 そしてあなたが今まで美味しく食べたハンバーガーとミミズが一緒に思い浮かぶ(感性)

この他にも文が興味を引く6つの基本的な要素がある。

私のブログにはマーケティングの方法と商業的な文章を上手く書く方法について紹介している。

ここまで読んだあなたなら’文章がうまい方法’という抽象的な概念に興味がある読者だ。

キャッチコピーを上手く書くスキルはここにある。