男を惚れ させる 脳科学マーケティング【脳科学】①

男を惚れ させる 脳科学マーケティング【脳科学】①

あなたはほとんど節電モード?人間の脳は蓄積された経験を基に迅速かつ効率的に判断する。意識を使うのは30%未満。人を惚れさせる一番効率的な方法も意識ではなく無意識を操ること。マーケティングは男女関係と一緒だ。誘惑の領域。無意識を刺激するキャッチコピーの力、cue攻略(シグナル管理)について勉強してみよう!

  1. 無意識 を コントロール する 方法
  2. マーケティング 手法 一覧=刺激、支配、均衡システム
  3. マーケティング戦略とは?効果0-無意識の判断が70%
  4. 脳 科学恋愛 ー 脳の自動モードを活用せよ

無意識 を コントロール する 方法

30代の女性をターゲットにしたお菓子の広告では、作業場で働いていた男性がリビングに移動し、女性にお菓子を渡す。

この男性はどんな作業をしていたのだろうか。 クルマやバイクではなく、ゆり木馬と古いぬいぐるみを直していた。 

アンケート調査でこの場面を覚えている人はほとんどいなかった!

しかし無意識には多大な影響を及ぼした。 

女性の脳は短い時間で"ゆり木馬 、子供の人形"というCUE(手がかり)を"ケア"のメッセージとして理解する。 そして、これは製品を手渡す男性に対する肯定的な感情につながる。 

子供は女性に肯定的な感情を与えるCUEである

"この男の子は子供の面倒をよく見る"という認識が女性の無意識に入る。広告監督は意図的にゆり木馬と人形を挿入した。視聴者の脳で愛着·介護モードを活性化させ、それに相応する感情を呼び起こしたのだ。

アンケート調査で男が何を修理していたのか覚えている人はいなかった!!!


マーケティング手法一覧=刺激、支配、均衡システム

イギリスの学者サイモン·バロン·コーヘンは男性の思考スタイルを"体系化する人"、女性の思考スタイルを"共感する人"と表現した。
マーケティング手法一覧を見る前にマーケティングの基礎を先に勉強しないと何の意味もない。人間を動かせる三つのシステムを学んだ上でマーケティング戦略を勉強すると世界を見る新しいメガネ(観点)が手に入る。

人間の脳の3つの主要システムBIG3は刺激、支配、均衡システムである。

簡単に説明すると、刺激は新しく興味深いものに大きく反応することだ。 支配システムの強いタイプの人は高級スポーツカーと権力を追求する。均衡システムの強い人々は安全、健康、家族のような価値を追求する。 

この均衡システムが発達した人の割合は、女性がもちろん多い。

お菓子会社のターゲットが30代の女性であれば " 厳選した材料で作りました " あるいは"家族との時間をもっと楽しく! " 等のメッセージが効率的だ。
30代の女性は均衡システムの中でも愛着·介護モードが一番活性化されている。妊娠の可能性、子供の面倒を見る可能性が一番高い年齢だからだ。

"今までのない新しい旨!"(刺激)や "お菓子部門3年連続圧倒的1位"(支配)のようなメッセージは効かないだろう。

あなたが自動車販売員なら、女性客が訪れた時、一番先にエンジン性能について説明する代わりに、運転手のために悩んだ跡が見える簡単な操作方法や安全性能、安心サポートについて説明しなければならない。
ー顧客を分析できるツール神経マーケティングの基礎 BIG3についてはこちらー

だけどマーケティング会社は無意識はもちろん、脳の3システムもマーケティングツールに反映してない。


マーケティング戦略とは?効果0-無意識の判断が70%

マーケティング戦略7Pはここに紹介している。
しかしほとんどのマーケティングは意識を狙うので効果は低い。ではなぜ無意識を攻略しなければならないのか?
次の実験は無意識の力を知らせる面白い実験だ。

被験者がよく知らない複数の漢字を与え、"気に入った文字を選びなさい"と言った。 

すると、彼らが選んだ漢字はほとんど同じ漢字だった。

今回は漢字を見せる前に意識的に気づかないほど短く繰り返し文字一つを見せた。彼らは白いスクリーンが見えるだけで、漢字があったことにだれも気づかなかった。

潜在意識、つまり無意識に挿入されたこの漢字が人々の最も好きな文字になった。被験者にその漢字を選んだ理由を聞いたが、誰も知らなかった。

脳の断層撮影を利用して、これと似た実験が行われた。

被験者には単語を書いたスライドを見せた。

そして、怒った人の顔を被験者が気づかないほど、極めて短く繰り返しスライドの中間に挿入した。 

脳断層撮影の結果、顔を感情的に評価する辺縁系の扁桃体が明るい光を帯びたのだ! 

同時に身体は防御態勢に転換した。内的緊張の尺度である肌の電気抵抗がはっきり変化し、身体はかなり前から防御準備体制に転換した状態だった。

しかし、意識はこのようなことをまったく知らなかった。

神経情報学者たちは1秒当たり、目は脳に1000万ビットの情報を送る。 耳は100万ビットを送ってその他の感覚器官を全て合わせると1秒当たり1,110万ビットを脳に送る。

神経情報学者たちは顧客が1秒当たり40ビットの情報だけ自分の意識に送ると推定している。すなわち情報の0.00004%だけが顧客の意識に入る。

同じく男女関係も一緒だ。意識的に男を落とすことは誰もが気づくので不自然で逆効果。無意識を操る心理学や神経マーケティング戦略を学んだら人間関係の新しい方向が見えるはずだ。


脳 科学恋愛 ー 脳の自動モードを活用せよ

脳の真の力は、情報を認識する能力ではない。無意識的に情報を処理して保存する能力と、行動に転換する能力だ。
男女関係に心理学や脳科学を本格的に活用したいなら男女がなぜこんなに違うのか進化心理学で分析したコラムがある。

人間は毎日無数の広告メッセージにさらされる。その大半は無意識の状態。

脳は自動モードを好む。

脳と無意識は、一人で秘密裏に作業することを好む。自分の所有者に自分たちの計画を教えないまま、すぐに行動に移す!脳が意識に情報を提供しない理由は3つだ。

1.情報が意識を経ず、行動に転換されれば、行動がはるかに速い。

2.すでに蓄積された経験は検証された解決策を含めている。

3.意識は大変、多額の費用が費やされる過程だ。

脳の自動モードについて ー 自動モードをターゲットするマーケティング手法

マーケティング会社よりは自分でマーケティング本を10冊ぐらい買って、自分のホームページを構成するのが賢明な選択だ。そういう余裕がないなら会社を選択する時一から細かく調べた方がいいと思う。